鳶職ってどんなお仕事?

pixta_11852096_M-960x1280

工事現場は、『鳶に始まり、鳶に終わる。』と言われています。

まず、どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。
次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。
大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他職が安全に作業できる為の足場を組んだりもします。

そのため、「鳶」がいないと工事がはじまらないことから、『とび職に始まり、とび職に終わる。』と言われているのです。工事現場では一目置かれる存在であり、

現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

主な作業現場

主な現場は、東京、埼玉、神奈川ですが、やはり東京23区の現場が一番多いです。ちなみに基本は現場からの直行・直帰が可能ですのでプライベートの充実もはかれます。

pref_11

お仕事の魅力

当社での魅力はやはり充実した待遇にあると思います。
◆◆◆ 入社1カ月 未経験君の給与例 ◆◆◆
日給13000円×23日+残業=30万円以上!!

3ヶ月頑張った方には、ミニボーナスも有ります!質問や相談、まずはお気軽にお問い合わせお待ちしております。

鳶職ってどんなお仕事?